banner

支援制度とは

起業の際の支援制度とは


起業すると言っても、何から何まで自分一人で行なうのは負担も大きいものですよね。小規模から始めるのであれば問題はありませんが、複数名で最初から法人格として行なうのであれば特に面倒なことも増えてくるものです。
この時、オススメなのは支援制度を使うことです。この支援制度にはいろいろなものがあります。
ひとつは公的機関の支援制度です。これは国や都道府県、市町村などが行っている起業者向けのセミナーや補助政策などがこれに当てはまります。公的機関の制度に関しては色々な相談の幅がありますが、あまり宣伝を行っていないのが欠点とも言えるでしょう。このため積極的に相談し、また情報収集を行なうことでたくさんの事が出来るようになっています。
起業に関しては、投資家も支援を行っています。この場合は投資家として金銭的なものであることがとても多いでしょう。社債を発行しそれを購入するというのが制度のほとんどですが、場合によってはそれ以外のことを行っている人もいます。投資家についてはかなりシビアな目で物を見るようになっていますが、一度信頼してもらえたらその後はしっかり返済を行い利益を出すようにすれば問題はない場合が多いものです。
最近は起業というと無料セミナーや無料相談会などもあります。この場合は起業についてのプロが相談に乗ってもらえるというものですね。この場合はいろいろな相談をしたり実情を知ったり、これからどういうサービスがあればいいのか、どういうことをすれば成功するのかなどを知ることができます。こういった場ではその後に交流会があったりすることもありますので、いろいろなセミナー等に参加するといいでしょう。ただし極端に高額だったり物を買わされそうになったりするセミナーや交流会はそれなりに危険ですので気をつけておきましょう。
最近はいろいろな制度ができており、挑戦したい人を支える風土ができてきています。このため、そう難しいことではなくなっていますよ。

Copyright(c) 2014 起業の際に支援制度を活用する。All Rights Reserved.